コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾張大国霊神社 おわりのおおくにたまじんじゃ

2件 の用語解説(尾張大国霊神社の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

尾張大国霊神社【おわりのおおくにたまじんじゃ】

愛知県稲沢市国府宮町に鎮座。旧国幣小社。尾張大国霊神をまつる。地主神を磐境(いわさか)にまつったのに起こる。延喜式内社に比定され,のち尾張国の総社。例祭は5月6日に梅酒盛神事が行われる
→関連項目裸祭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾張大国霊神社
おわりおおくにたまじんじゃ

愛知県稲沢(いなざわ)市国府宮(こうのみや)町に鎮座。祭神は尾張大国霊神(おわりおおくにたまのかみ)。別宮の大御霊(おおみたま)神社、宗形(むなかた)神社とともに『延喜式(えんぎしき)』巻9に登載され、あわせて国府宮三社と称される。また国府(こくふ)に近いところより、尾張国(愛知県)総社となり、尾張一国の諸社をここに奉斎し、国司自ら祭祀(さいし)を行う神社となった。境内に磐境(いわさか)があり、社殿を建てて祀(まつ)る以前の古い祭祀(さいし)の跡を残している。旧国幣小社。祭礼には5月6日の梅酒盛(うめさかもり)神事、また旧暦正月13日には大勢の裸男が神男(しんおとこ)(儺負人(なおいにん))に触れて厄(やく)を落とそうとする儺追(なおい)神事(俗に裸祭り)がある。[白山芳太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾張大国霊神社の関連キーワード津島神社沼名前神社稲沢穂高神社小国神社高瀬神社剣神社砥鹿神社物部神社柞原八幡宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone