コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国有林野事業特別会計

2件 の用語解説(国有林野事業特別会計の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国有林野事業特別会計

国土の約2割を占める国有林を管理・経営するために1947年に設けられた。木材価格の低迷などで、財政投融資から安易な借金を重ねたとされる。98年に国有林野事業改革特別措置法が成立。同特会の累積債務約3・8兆円のうち約2・8兆円を一般会計が肩代わりした。

(2010-10-30 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国有林野事業特別会計
こくゆうりんやじぎょうとくべつかいけい

日本の国土の約2割を占める国有林の経営が、木材価格の低迷や伐採量の減少で1975年に赤字に転落。国有林野事業特別会計は人件費などを賄うため財政投融資から安易に借金を重ねたが、年8%以上の長期固定金利のものもあり、債務の利払い・償還金が、木材販売や林野・土地売却などによる自己収入を大きく上回るという“危機的状況”が続いている。このため政府は98年10月、「国有林野事業改革特別措置法」を成立させた。これにより、同特別会計の累積債務約3.8兆円のうち約2.8兆円を一般会計が肩代わりし、残り約1兆円は一般会計からの利子補給をうけて50年で返済する枠組みができた。しかし輸入木材の価格続落、人員削減計画の難航が予想され、楽観できない状況にある。[三条 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone