コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利子補給(読み)りしほきゅう

大辞林 第三版の解説

りしほきゅう【利子補給】

行政が、特定の融資を行なった金融機関に対して、借入者の利子負担を軽減するため、その利子の一部または全部に相当する金額を給付すること。
企業が従業員の財形や社内預金の利子に金利を上乗せしたり、住宅ローンなどの金利の一部を肩代わりすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りしほきゅう【利子補給】

特定の制度による融資に対して,借入者の金利負担を軽減するため,金銭を給付すること。企業が従業員の持家推進のために民間住宅ローン金利の一部を負担することについてもいうが,また,公団公庫等の資金の借入れによって生ずる利子の支払に要する経費の全部または一部を負担するため,国または地方公共団体が金融機関に金銭(利子補給金)を給付することについてもいう。利子負担を軽減することで投資収益の現在価値を高め,その借入れに係る特定分野の投資を促進し,特定の産業の発展,近代化等を円滑に進めること,あるいは社会政策として特定の者の利子負担を軽減することで所得補償を行うことを目的としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利子補給の関連情報