コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民同盟会 こくみんどうめいかい

1件 の用語解説(国民同盟会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんどうめいかい【国民同盟会】

日露戦争前,貴族院議長近衛篤麿らが対露強硬の世論を巻き起こすため結成した国家主義団体。日清戦争後,日本の中国への勢力拡張をはかるため東亜同文会を組織していた近衛篤麿は,義和団鎮圧後も満州占領を続けるロシアに対抗するため,頭山満,佐々友房,犬養毅,長谷場純孝,柴四朗らと相談し,〈支那保全,朝鮮擁護〉を目的とする国民運動の展開を企て,1900年9月24日上野精養軒国民同盟会を結成した。政友会はこの動きに反対したが憲政本党,帝国党は賛成し,新聞の多くも国民同盟会の主張に賛同し,三国干渉後ロシアへの敵意を募らせていた世論をさらにあおることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国民同盟会の関連キーワード近衛篤麿徳川家達水谷川忠麿西郷従徳近衛貞子貴族院議員沖原光孚柏原文太郎近衛霞山財部熊次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone