コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々友房 さっさ ともふさ

6件 の用語解説(佐々友房の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐々友房

政治家。熊本県生。幼名は寅雄・坤次、克堂・鵬洲と号する。紫溟会を組織し、天皇主権の国権論を主張し、のち熊本国権党副総理となる。また帝国党を結成し、頭山満らと対露同志会も結成した。衆議院議員。明治39年(1964)歿、52才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々友房 さっさ-ともふさ

1854-1906 明治時代の政治家。
嘉永(かえい)7年1月23日生まれ。西南戦争では西郷軍にくわわる。明治14年紫溟(しめい)会を結成し,国権主義をとなえた。23年熊本国権党副総理,同年衆議院議員(当選9回)。国民協会,帝国党,大同倶楽部(クラブ)などで指導的役割をはたした。明治39年9月28日死去。53歳。肥後(熊本県)出身。号は克堂。著作に「戦袍日記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々友房

没年:明治39.9.28(1906)
生年:安政1.1.23(1854.2.20)
明治時代の政治家。幼名寅雄,坤次。号克堂,鵬洲。肥後(熊本)藩士佐々陸助・綾の次男として現在の熊本市内坪井町に生まれる。藩校時習館に学ぶかたわら肥後勤王党の叔父佐々(高原)淳次郎の訓育を受ける。明治8(1875)年水戸遊学。山田信道宅に寄食する。10年の西南戦争では熊本隊1番小隊長として薩軍にくみして挙兵,負傷,投獄後,12年国家有用の人材養成を目的とした学校,同心学舎を同志と共に熊本に創立。15年同心学舎を発展させた私立中学済々黌を設立。この間,14年には熊本において勤王・国権拡張を一大主義とする紫溟会を有志と共に結成。さらに22年帝国議会開設に備え組織を改め熊本国権党を設立し,23年副総理に就任。22年の大隈重信条約案反対運動に際しては国権党の全権委員として,頭山満らとの意見書による独自の活動を展開。23年帝国議会開会とともに熊本県第1区選出衆院議員となり,没年まで連続当選。この間,国民協会,帝国党,国民同盟会,対露同志会,大同倶楽部などの中心として院内外において活躍。特に,第5,6帝国議会においては大日本協会を組織し,対外硬運動をおこし重要な役割を果たした。彼は策士とみられる一面を持ったが,一方では,袁世凱,李鴻章,張之洞,大院君などの人物との接触を持ち,大陸通として知られた。また,東亜同文会とも関係が深かった。<著作>『戦袍日記』<参考文献>佐々克堂先生遺稿刊行会編『克堂佐々先生遺稿』

(佐々博雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さっさともふさ【佐々友房】

1854‐1906(安政1‐明治39)
明治期の政治家。肥後藩士佐々陸助の次男に生まれ,水戸学を修めた。1874年上京して征韓論の再興につとめたが目的を果たせずに帰国し,77年の西南戦争に熊本隊を率いて西郷軍に参加し,敗れて懲役に服した。80年放免されて帰郷し翌年紫溟会を組織し,国家主義を強調した。89年の大隈条約改正反対運動に際しては調整役として活躍し,翌年熊本国権党を組織して副総理となった。第1回衆議院議員総選挙以来連続9回当選。92年の国民協会結成以来品川弥二郎を助けて同協会の中心的指導者となり,99年帝国党に改組し,委員長となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々友房
さっさともふさ

[生]安政1(1854).1. 熊本
[没]1906.9.28. 東京
明治の政治家。時習館に学び,1877年西南戦争には西郷軍に従軍。のち熊本で済々黌を創立し,儒教主義教育を行う。 82年民権論に対抗して国権論を唱え,紫溟会を組織,井上馨,大隈重信の条約改正案に反対した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐々友房
さっさともふさ
(1854―1906)

明治期の政治家。肥後藩士佐々陸助・綾子の次男として、嘉永(かえい)7年1月23日熊本に生まれる。幼名寅雄、坤次。号は克堂、鵬洲。藩校時習館(じしゅうかん)に学ぶ。1874年(明治7)白川県等外二等出仕となるが、1か月にして辞す。1877年西南戦争に熊本隊員として参加、転戦負傷、懲役10年の刑に処せられた。1880年特別放免。翌1881年有志と紫溟会(しめいかい)を結成、「勤王」「国権拡張」を唱えた。1889年熊本国権党を組織し、副総理となる。同年の大隈重信(おおくましげのぶ)外相の条約改正に対する反対運動では、谷干城(たにかんじょう)、浅野長勲(あさのながこと)らを中心に結成された日本倶楽部(くらぶ)派として活動した。第1回総選挙で衆議院議員に当選、以後連続当選。中央政界においては、実業振興、国権拡張、対外進出を唱えて、超然主義派、武断派との連携策をとり民党派に対抗した。党派としては、中央交渉部、国民協会、帝国党、大同倶楽部に属した。明治39年9月28日没。[酒田正敏]
『佐々克堂先生遺稿刊行会編『克堂佐々先生遺稿』(1936・改造社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐々友房の言及

【紫溟会】より

…会名は筑紫の海にちなむ。井上毅らの画策により,1881年9月佐々友房を中心に士族主体の学校党を母体として結成された。〈皇室ヲ翼戴シ立憲ノ政体ヲ賛立シ以テ国権ヲ拡張ス〉などを主張。…

※「佐々友房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐々友房の関連キーワード川崎克堂阿部賢吉伊藤徳太郎小山内鉄弥小田貫一斎藤卯八征矢野半弥松田秀雄薬袋義一野口褧

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone