国立代々木競技場(読み)コクリツヨヨギキョウギジョウ

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐よよぎきょうぎじょう〔‐よよぎキヤウギヂヤウ〕【国立代々木競技場】

東京都渋谷区にある屋内競技場。昭和39年(1964)のオリンピック東京大会に際して建築された。丹下健三設計の第1体育館・第2体育館のほか、室内プールや園地などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

国立代々木競技場

東京都渋谷区にあるスポーツ施設。1964年開設。第一体育館(座席数約9100席)、第二体育館(座席数約3200席)がある。1964年、第18回オリンピック夏季大会では、競泳とバスケットボール競技が行われた。正式名称は「国立代々木屋内総合競技場」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立代々木競技場の関連情報