国立図書館法(読み)こくりつとしょかんほう(英語表記)national library law

図書館情報学用語辞典 第5版「国立図書館法」の解説

国立図書館法

国立図書館の法的基盤は国によって異なり,歴史の長いヨーロッパの国立図書館にはそれぞれの法ができており,時代とともに変遷してきている.現在,特別な法が制定されている代表的な図書館としては,日本(「国立国会図書館法」),英国(「英国図書館法(British Library Act 1972)」),ドイツ(「ドイツ国立図書館法(Gesetz über die Deutsche Nationalbibliothek 2006)」)などがあげられる.「国立国会図書館法」には館長地位職掌,組織,立法行政司法への奉仕が規定されたのち,一般公衆への奉仕や納本制度などが定められている.「英国図書館法」は主に英国図書館理事会について,また「ドイツ国立図書館法」は主に組織と納本制度について,それぞれ規定している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android