国立大学法人法案

産学連携キーワード辞典の解説

国立大学法人法案

国立大学法人法案」とは国立大学などに法人格を付与し、高等教育・研究機関の再編を行うことを目的とした法案。現在の国立大学(短大含む)99、大学共同利用機関 15を、 国立大学法人89法人、大学共同利用機関法人4法人に再編する。また「国立大学法人法案」は、大学の法人化、民間的な経営手法の導入、学外者の経営参画、非公務員型の人事システム、第三者評価導入などをその骨子とする。法律施行は2003年10月1日、国立大学法人の設置は2004年4 月1日。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android