法人格(読み)ほうじんかく

大辞林 第三版の解説

ほうじんかく【法人格】

権利義務の帰属する人格。権利主体となりうる資格という観点からみると権利能力と同義。自然人と法人は法人格を有する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐じんかく ハフ‥【法人格】

〘名〙 法律上の人格。権利・義務の主体となることができる法律上の資格。権利能力。自然人と法人に認められる。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉市政と事業「東京市は十五に別けられてゐる。〈略〉独立の法人格を認められてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法人格の関連情報