コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国防献金 こくぼうけんきん

1件 の用語解説(国防献金の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくぼうけんきん【国防献金】

戦時に兵器の生産や軍人援護のために国民が軍に拠出した現金。満州事変の際は400万円に及ぶ恤兵(じゆつぺい)寄付金が陸軍に寄せられたが,拠出は必ずしも自発的なものばかりではなかった。1932年に各府県が愛国飛行機献納運動と称して取り組んだ献金運動は,地方行政機構が在郷軍人会や青年団の協力のもとに市町村から各戸へと負担額を半強制的に割り当てたものであった。新聞社も競って国民に献金を呼びかけた。また造船業の労働組合を中心に国防献金運動が進められ,33年6月にはこの運動を母体として日本主義労働運動の戦線統一組織である日本産業労働俱楽部が結成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国防献金の関連情報