コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国防献金 こくぼうけんきん

世界大百科事典 第2版の解説

こくぼうけんきん【国防献金】

戦時に兵器の生産や軍人援護のために国民が軍に拠出した現金。満州事変の際は400万円に及ぶ恤兵(じゆつぺい)寄付金が陸軍に寄せられたが,拠出は必ずしも自発的なものばかりではなかった。1932年に各府県が愛国飛行機献納運動と称して取り組んだ献金運動は,地方行政機構が在郷軍人会や青年団の協力のもとに市町村から各戸へと負担額を半強制的に割り当てたものであった。新聞社も競って国民に献金を呼びかけた。また造船業労働組合を中心に国防献金運動が進められ,33年6月にはこの運動を母体として日本主義労働運動の戦線統一組織である日本産業労働俱楽部が結成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国防献金の関連キーワード日本労働組合総連合国民精神総動員運動大西 愛治郎戦時

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国防献金の関連情報