コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本主義労働運動 にほんしゅぎろうどううんどう

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしゅぎろうどううんどう【日本主義労働運動】

産業報国運動の先駆となった国粋主義的労働運動。始まりは1926年10月,石川島造船所で組織された石川島自彊組合である。当時の石川島は左翼の評議会(日本労働組合評議会)の拠点であった。これに対抗して結成された自彊組合は会社組合であるが,組合長の神野信一(同造船所職長)は安岡正篤の金鶏学院の一員で,〈産業立国〉〈労資融合〉をスローガンとする日本主義労働運動を提唱した。29年,自彊組合は横浜船渠,浦賀船渠の企業別組合の連合体,武相労働連盟に参加し,その主導権を握り,30年にはこれを日本造船労働連盟と改称,これを足場に労働界における勢力拡大を図った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本主義労働運動の関連キーワード日本労働組合総連合神野 信一国防献金高山久蔵

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android