コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国防省[アメリカ合衆国] こくぼうしょう[アメリカがっしゅうこく]Department of Defense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国防省[アメリカ合衆国]
こくぼうしょう[アメリカがっしゅうこく]
Department of Defense

アメリカの軍令,軍政を司る政府機関。国防総省とも呼ばれた。 1947年に成立した国家安全保障法によって,National Military Establishmentとして新設され,国防長官が閣僚として任命されるようになった。同時に陸軍と同じレベルで空軍がおかれた。 49年には国家安全保障法の改正によって,現在の国防省という名称のもとに再編制され,陸,海 (海兵隊を含む) ,空3軍を統轄することとなった。統合参謀本部,国防省内局,その他の委員会があり,また各種付属機関,原子力委員会の軍部連絡委員会などの活動も管理する世界最大の官僚機構である。 58年の機構改革で作戦指揮系統が大統領→国防長官→統合参謀本部に一本化され強化された。ペンタゴン Pentagonと呼ばれるのは,バージニア州アーリントンにある国防省の建物が5角形をしているためである。ペンタゴンは 41~42年にかけて,それまで分散していた各軍部門を一つの建物に集めるために建てられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android