コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海兵隊 かいへいたいmarine

翻訳|marine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海兵隊
かいへいたい
marine

本来は海軍作戦にあたり艦上,あるいは地上戦闘のために特別に訓練された歩兵部隊。前5世紀の歴史家ヘロドトスとツキジデスはギリシア艦隊に,前3~2世紀の歴史家ポリュビオスはローマ艦隊に海兵隊が乗っていたことを記録している。中世では,普通の歩兵が軍艦に乗っていた。近代的な海兵隊はイギリスが 1664年,オランダが 65年に創立した。アメリカ海兵隊 Marine Corpsは 1775年に創立。海軍の指揮下にあるが,海兵隊司令官は統合幕僚本部のメンバーである。主として上陸作戦に使われ,創設以来,今日までラテンアメリカ,太平洋,日本,朝鮮などアメリカ領土外で 300回以上の上陸作戦を行なった。ベトナム戦争では陸上部隊として投入された。在外公館の警備や艦艇内の治安維持にも当っており,艦艇に搭載されている核兵器の警備も海兵隊の任務。『常なる忠誠』 Semper Fidelisがモットーである。 18~19世紀に革製の高い首襟の制服を着ていたことから,"leather neck"のあだ名がある。旧ソ連には,海軍歩兵があり,その他多くの国にも海兵隊がある。 (→海軍陸戦隊 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海兵隊

洋上からの上陸作戦を主任務とする部隊。米海兵隊の場合は、地上部隊や航空部隊などから編成され、戦車装甲車ヘリなど陸軍と同様の装備を持っている。太平洋戦争では硫黄島サイパンを日本軍から奪取イラク戦争では陸軍とともにバグダッドへの進攻を担った。沖縄の米軍は海兵隊が中心。韓国軍や英国軍などにもある。

(2012-10-28 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいへい‐たい【海兵隊】

上陸作戦を主な任務とする軍備軍隊。海軍の一部門として組織されている場合が多いが、陸軍に所属する国もある。米国の海兵隊は陸海空軍から独立した軍隊として組織されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

海兵隊【かいへいたい】

海軍の一部として発達した水陸両用の戦闘部隊。英米などで海軍の歩兵隊としての歴史をもっているが,第2次大戦では,上陸作戦の専用部隊として主要な役割を演じ,その編制装備も増強された。
→関連項目海軍陸戦隊

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいへいたい【海兵隊 marines】

海軍兵力で特に陸戦のために編制される部隊。17世紀にイギリス海軍,オランダ海軍が組織したのを最初とし,各国海軍が組織しているが,アメリカ独立戦争中に大陸会議がイギリスの海兵隊にならって組織(1775)し,独立後の1798年正式に創設されたアメリカの海兵隊U.S.Marine Corpsが有名。強力な常備軍をもたなかったアメリカでは,海兵隊は海外派遣の第一部隊として重視され,米西戦争(1898)以降はカリブ海諸国などへのいわゆる砲艦外交の手段となり,第2次大戦では太平洋戦線におけるアメリカ軍反撃の先兵として,ガダルカナル島,硫黄島,沖縄などへの上陸作戦において活動した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいへいたい【海兵隊】

海軍の独立部隊で、上陸作戦・空挺降下などを任務とする部隊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海兵隊
かいへいたい
Marine(s)

上陸作戦を主任務とする軍種。もっとも強力なのがアメリカの海兵隊U. S. Marine Corpsである。アメリカでは海軍と並んで海軍省の構成部隊となっており、兵力は約17万人。3個海兵師団、3個海兵航空団が、海軍の揚陸作戦部隊と協同して国外への兵力投入態勢をとっている。このうち第3海兵師団と第1海兵航空団は沖縄と岩国(山口県)に駐留している。また常時海上に配備されている部隊があり、西太平洋、インド洋では第7艦隊、地中海では第6艦隊の両用戦艦艇に乗艦している。
 イギリスの海兵隊は17世紀以来のもので、長い伝統をもっている。兵力は約7000人。アルゼンチンとのフォークランド紛争(1982)でも上陸作戦を実施した。植民地の警備にあたっている部隊もある。
 アメリカは、このイギリスの経験に学んで海兵隊を編成し、18世紀末以降、遠征作戦を実施してきたわけで、第二次世界大戦では最大47万人の兵力をもって、南太平洋から硫黄(いおう)島、沖縄に至る上陸作戦の主力となった。第二次大戦後では朝鮮戦争における仁川(じんせん)上陸(1950年9月15日)、ベトナム戦争におけるダナン上陸(1965年3月7日)がおもな作戦である。イラン革命によって生じたアメリカ大使館員人質の救出作戦(1980年4月24日、失敗)などにも参加している。また海兵隊には在外公館の警備や海軍の艦内警備の任務も与えられている。
 ロシア海軍も海兵隊に相当する海軍歩兵をもっている。旧ソ連では1万8000人が、4個の艦隊司令官の指揮下に連隊編成をとって置かれていた。しかし旧ソ連はアメリカのような大規模な強襲上陸作戦を実施した経験がなく、海軍歩兵は地上軍の主作戦に連携して沿岸地域に対する上陸作戦の第一波として行動するものであった。現在のロシアでは2分の1以下に縮小されている。
 このほかにフランス、オランダ、トルコ、スペイン、イラン、南アフリカ、韓国、アルゼンチン、ブラジルなどの諸国も海兵隊を保有している。[藤井治夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の海兵隊の言及

【海軍】より

…一般に軍備は陸・海・空の3軍に大別されるが,海軍の使命,編成,戦略は時代と国家形態に応じて変化した。初期の海軍は水上に乗り出す小武装団にすぎなかったが,今日では,広く水上・水中を活動舞台とする直接の戦闘部隊(艦船,航空機,潜水艦,海兵隊など)のほか,その統率や管理,維持のための組織と施設(官庁,工廠(こうしよう),基地,防備隊,病院,学校など)が含まれる。海軍の使命は元来,国家が必要とする海洋を制して,海を自国のために利用し敵側に利用させないこと,いわゆる制海権の獲得を目標とし,艦艇中心の戦闘部隊として独自に発達してきた。…

【陸戦隊】より

…旧日本海軍にあった戦闘部隊。1868年(明治1)から76年まであった常備の海兵隊が前身。その後,艦船の乗員から臨時に陸戦隊が選抜編制され,上陸して居留民の保護,警備や局地的戦闘にあたった。…

※「海兵隊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海兵隊の関連キーワードジェイムズ・C. ローズベルトF/A18ホーネット戦闘攻撃機フセヴォロド ビシネフスキーオスプレイの低空飛行訓練ジェームズ ジョーンズ千葉ロッテマリーンズ米軍再編特別措置法案キャンプコートニーゴードン クーパーファルージャ総攻撃米海軍佐世保基地オーシャンサイドビング ウェストキャンプハンセンピーター ペースバンデグリフトレオン ユリス米軍北部訓練場キャンプ富士水陸両用作戦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海兵隊の関連情報