コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際スズ協定 こくさいスズきょうてい International Tin Agreement; ITA

1件 の用語解説(国際スズ協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際スズ協定
こくさいスズきょうてい
International Tin Agreement; ITA

スズの輸出国と輸入国の需給を調整し,価格を安定させるための国際商品協定。 1956年に第1次協定が発効し,日本は輸入国として 61年に加盟。価格帯を設けてそれに見合った緩衝在庫の操作を行なって,スズの市場価格の安定に努めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国際スズ協定の言及

【国際商品協定】より

…砂糖(1954),スズ(1956),オリーブ油(1958),コーヒー(1963),ココア(1973),天然ゴム(1982),ジュート(1982),熱帯木材(1985)。国際商品協定の理想に近いといわれたのが国際スズ協定で,一定の安定価格帯を設定し,緩衝在庫をもってその価格帯内に価格を収める機能をもっていたが,緩衝在庫調整に失敗して財政的に破綻したため,1990年7月に終了した。砂糖,天然ゴムも同様の仕組みをもつが,価格の変動をコントロールするには至らず,スズにしても〈輸出国寄りで値上がり時に歯止めがかかりにくい〉という批判が輸入国には根強い。…

※「国際スズ協定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際スズ協定の関連キーワード価格調整外貨手取率国際小麦協定輸出自主規制実需OMAアンチダンピング脂肪調整食糖価調整制度世界のコメ取引

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone