コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際監視制度 コクサイカンシセイド

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐かんしせいど【国際監視制度】

核爆発を探知するための国際的監視制度。CTBTO包括的核実験禁止条約機関)が整備。地震波・微気圧振動・水中音波・放射性核種の4種について、24時間体制で観測する監視観測所を世界中に337か所設置する。日本には上川朝日(北海道)・高崎(群馬県)・東海(茨城県)など10か所に設置される。IMS(International Monitoring System)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

国際監視制度の関連キーワード国際査察制度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android