コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核爆発 カクバクハツ

世界大百科事典 第2版の解説

かくばくはつ【核爆発 nuclear explosion】

原子の分裂または融合の過程で放出されるエネルギーを爆発力として取り出す際の現象を,総称して核爆発という。これには核兵器と平和利用の二つの用途がある。本項では核爆発の平和利用について述べる。なお,核爆発の兵器としての効果については〈核兵器〉の項目を参照されたい。 比較的にクリーンである熱核反応主体型の核爆発を平和利用しようとする構想は核兵器開発の初期からすでに存在したが,いわば公然と議論されはじめたのは1950年代の後半である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かくばくはつ【核爆発】

核分裂または核融合による爆発。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

核爆発の関連キーワードサイズミック・アレイ・システム日本の原爆開発と福島県石川町平和目的地下核爆発制限条約ワン・ポイント・セーフファンガタウファ環礁アインスタイニウムベラ=ホテル衛星ペリンダバ条約日本の原爆開発平和利用核爆発大気圏内核実験グラウンドゼロセシウム137フォールアウト残留放射性物質ラロトンガ条約コバルト爆弾国際監視制度ムルロア環礁新星と超新星

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核爆発の関連情報