国際社会福祉協議会(読み)こくさいしゃかいふくしきょうぎかい(英語表記)International Council on Social Welfare

世界大百科事典 第2版「国際社会福祉協議会」の解説

こくさいしゃかいふくしきょうぎかい【国際社会福祉協議会 International Council on Social Welfare】

ICSWと略称される。社会福祉に関する各国の情報交換,経験交流および諸問題の研究討議などを行い,国際的な協力関係を助長することを目的とする組織。1928年創立。本部ウィーンにあったが,90年代後半にモントリオールに移った。世界を5ブロックに分け,それぞれ地域事務局を設け,地域ごとの協力活動も行われる。主たる事業は隔年に開催される国際社会福祉会議で,また地域会議やセミナーの開催,各種情報資料の刊行も行っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android