国際移植学会(読み)コクサイイショクガッカイ

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐いしょくがっかい〔‐イシヨクガククワイ〕【国際移植学会】

臓器移植の基礎研究・臨床の発展、継続教育・学術情報の提供、倫理綱領の策定などを行う国際的な学術団体。世界65か国に3000名以上の会員を擁する。本部はカナダのモントリオール。
[補説]平成20年(2008)、国際移植学会を中心として開催されたイスタンブールサミットにおいて、臓器売買・移植ツーリズムの禁止、自国での臓器移植の推進、生体ドナーの保護を骨子とする「臓器取引と移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言」が採択された。日本では、臓器移植法で15歳未満のドナーからの臓器提供が禁止されていたため、小児の臓器移植のほとんどを渡航移植に依存していたが、平成22年(2010)に改正法が施行され、国内での移植が可能になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際移植学会の関連情報