コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際移植学会 コクサイイショクガッカイ

1件 の用語解説(国際移植学会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐いしょくがっかい〔‐イシヨクガククワイ〕【国際移植学会】

臓器移植基礎研究・臨床の発展、継続教育学術情報の提供、倫理綱領の策定などを行う国際的な学術団体。世界65か国に3000名以上の会員を擁する。本部はカナダモントリオール
[補説]平成20年(2008)、国際移植学会を中心として開催されたイスタンブールサミットにおいて、臓器売買・移植ツーリズムの禁止、自国での臓器移植の推進、生体ドナーの保護を骨子とする「臓器取引と移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言」が採択された。日本では、臓器移植法で15歳未満のドナーからの臓器提供が禁止されていたため、小児の臓器移植のほとんどを渡航移植に依存していたが、平成22年(2010)に改正法が施行され、国内での移植が可能になった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際移植学会の関連キーワード基礎医学臓器移植ドナーシクロスポリン脳死移植移植ドナーレシピエント渡航移植野本亀久雄COE形成基礎研究費

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際移植学会の関連情報