倫理綱領(読み)りんりこうりょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

倫理綱領

企業が社員に倫理的法令の遵守の方針を与えるための綱領社是社訓と混同されることが多い。その理由として、具体性に欠けた綱領であることや、企業の抱える利害関係のために、記載される範囲に偏りが生じていることが挙げられる。近年、企業のモラルハザードが問題となり、倫理綱領の制度化が図られている。制度化には、具体的にどのような倫理問題に直面したときにどのような対処方法をとるべきか、を綱領に盛り込むことが課題となるといわれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

倫理綱領

専門職団体が,専門職としての社会的責任,職業倫理を行動規範として成文化したもの.多くの専門職団体では倫理綱領を作成,公表している.医師は「ヒポクラテスの誓」以来の伝統を持ち,看護師にも「ナイチンゲール誓詞」がある.また,社会的影響力が強いマスコミも,出版,新聞,雑誌などの協会が各々倫理綱領を作成している.専門職を目指し,情報を扱う図書館においても,日本図書館協会の「図書館員の倫理綱領」やアメリカ図書館協会の「アメリカ図書館協会倫理綱領」,CILIPの「図書館情報専門職の倫理綱領」といった名称のものが作成されている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android