国際電信電話株式会社(読み)コクサイデンシンデンワカブシキガイシャ

デジタル大辞泉の解説

こくさいでんしんでんわ‐かぶしきがいしゃ〔‐かぶシキグワイシヤ〕【国際電信電話株式会社】

第二次大戦後、国際通信民営化に伴って昭和28年(1953)に設立された特殊会社国際電報国際電話や国際電信電話回線の専用賃貸などの業務を行った。平成10年(1998)にケイディディ株式会社となり、平成12年(2000)、第二電電(DDI)・日本移動通信(IDO)と合併しKDDIとなる。KDD

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こくさいでんしんでんわ‐かぶしきがいしゃ ‥かぶシキグヮイシャ【国際電信電話株式会社】

日本の国際電報・国際電話や国際放送の中継、国際電信電話回線の専用賃貸などを業務とする特殊会社。昭和二八年(一九五三)設立。KDD。平成一二年(二〇〇〇)、第二電電、日本移動通信と合併しKDDIとなった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android