コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東名高速道路 とうめいこうそくどうろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東名高速道路
とうめいこうそくどうろ

東京都世田谷区から愛知県小牧市までの高速道路。1969年全線開通,全長 346.7km。東京―御殿場間 6車線,御殿場―小牧間 4車線。曲線の多いのが特徴で,直線路は全体の 4.3%にすぎない。京浜地方と中京地方を結ぶ重要な幹線道路で,東海道メガロポリスを貫く日本の大動脈。西は小牧で名神高速道路に連絡,東は世田谷区から都内各地に通じる。開通の時期が日本経済の高度成長期に一致したため,予想以上の交通量を吸収し,長距離の貨物輸送に貢献するところが大きかった。交通渋滞や事故が多発していたが,新東名高速道路の開通により緩和された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東名高速道路【とうめいこうそくどうろ】

高速自動車国道の一つ。路線名は国土開発幹線自動車道第一東海自動車道(東京都世田谷区〜愛知県小牧市間347km)。1969年完成。東京〜御殿場間は6車線,御殿場〜小牧間は4車線。
→関連項目北[区]高速道路第二東名・第二名神高速道路中[区]西[区]東[区]名神高速道路柳宗理

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうめいこうそくどうろ【東名高速道路】

正式名称は東海自動車道で,東京から愛知県小牧市まで全長346.7kmの高速道路。1969年に完成し,先に開通した名神高速道路と結んで,東海道メガロポリスを貫く日本最大の交通動脈となった。1996年度の利用台数は41万台/日,料金収入は2679億円,平均断面交通量は8万台/日弱に及ぶ。なかでも貨物車が多く,産業的利用が盛んである。名神高速道路と合わせて自動車による全国輸送人キロの2%,トラックによる全国貨物輸送トンキロの17%を担っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうめいこうそくどうろ【東名高速道路】

東京都世田谷区と愛知県小牧市を結ぶ高速道路。延長346.7キロメートル。1969年(昭和44)全線開通。世田谷区で首都高速道路と、小牧で中央自動車道・名神高速道路と接続。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東名高速道路
とうめいこうそくどうろ

東京都から東海地方を通り、小牧市に至る高速道路。管理は中日本高速道路。法律上の名称は第一東海自動車道で、起点の東京都世田谷(せたがや)区から、神奈川県厚木(あつぎ)市、静岡県御殿場(ごてんば)市、沼津市を経て、静岡県・愛知県を国道1号に並行して西へ進み、愛知県小牧(こまき)市で中央自動車道西宮(にしのみや)線に接続する(この間、海老名(えびな)市、伊勢原(いせはら)市、御殿場市、静岡市、浜松市、豊田市で計画路線の第二東海自動車道と接続する)。延長347キロメートル、東京都―御殿場市間は6車線(一部7車線)、他は4車線である。1965年(昭和40)に全線開通した名神高速道路(中央自動車道西宮線の一部)とともに、東海道ベルト地帯の輸送の大動脈となっているほか、沿線地域の開発の進展に大きな役割を果たしている。
 1962年(昭和37)から建設にとりかかり、1968年に一部が開通、1969年に全線が開通した。2010年度(平成22)では、平均して1日約43万台の利用台数があった。[下保 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東名高速道路の関連キーワード神奈川県足柄上郡大井町神奈川県足柄上郡山北町神奈川県足柄上郡松田町スノータウンYeti愛知県名古屋市名東区静岡県浜松市東区神奈川県海老名市桜淵県立自然公園静岡県浜松市北区静岡県御殿場市小田原厚木道路首都高速道路牧之原[市]三ヶ日[町]日進[市]厚木[市]豊川[市]新城[市]秦野[市]大口[町]

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東名高速道路の関連情報