コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐与市 とさの よいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土佐与市 とさの-よいち

1758-1815 江戸時代中期-後期の漁民。
宝暦8年生まれ。紀伊(きい)日高郡(和歌山県)印南(いなみ)村出身の鰹節(かつおぶし)職人。天明のころ安房(あわ)南朝夷(みなみあさい)村(千葉県千倉町)にいき,禁をやぶって土佐節の製法をつたえる。のち伊豆(いず)安良里(あらり)(静岡県賀茂(かも)村)にもまねかれておしえた。文化12年3月23日死去。58歳。本名は善五郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

土佐与市

没年:文化12.3.23(1815.5.2)
生年:宝暦8(1758)
江戸中期,紀州(和歌山県)の鰹節職人。本名善五郎。日高郡印南村出生。燻乾法鰹節「土佐節」製法を東日本一帯に広める礎を築いた。土佐浦へ出漁する印南鰹船団の職人であったが,天明年間(1781~89)飄然出郷。安房国朝夷郡南朝夷村(千葉県千倉町)渡辺久右衛門方に寄寓。その間,享和年間(1801~04)には伊豆国安良里へ渡り,両国へ土佐節製法を伝授。その製法は江戸末期までに奥州気仙沼方面へもおよび,東日本製品全般の品質改良の好結果を生んだ。文政の鰹節番付では,伊豆,安房産製品は土佐,薩摩,紀伊の製品の次に位置している。晩年帰郷の望みがかなえられず,渡辺家で死去したのは,土佐藩の禁を破って秘法を他郷へ洩らした故だと伝えられる。<参考文献>植田穂『改良土佐節の研究』

(宮下章)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

土佐与市の関連キーワード水産業漁民

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android