コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐光貞 とさ みつさだ

2件 の用語解説(土佐光貞の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

土佐光貞

江戸後期の土佐派の画家。土佐光芳の次男。幼名は茂松、字は士享、号は廷蘭。分家して絵所預となる。従四位下に叙され、左近衛将監・土佐守に任じられる。大嘗会・寛政の内裏造営で屏風・障子に揮毫した。文化3年(1806)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土佐光貞 とさ-みつさだ

1738-1806 江戸時代中期-後期の画家。
元文3年7月9日生まれ。土佐光芳(みつよし)の次男。土佐光淳(みつあつ)の弟。宝暦4年分家して,宗家の兄とともに絵所預(えどころあずかり)となる。寛政2年の内裏造営の際,宗家の土佐光時(みつとき)をたすけ,障壁画の制作にあたった。号は廷蘭。文化3年2月4日死去。69歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

土佐光貞の関連キーワード羅城宋紫山合田錦園三鍼信性樗雲中島勘左衛門(3代)中村重助(3代)平林東岳由良箕山

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone