コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中訥言 たなか とつげん

8件 の用語解説(田中訥言の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田中訥言

江戸後期の画家。復古大和絵派の祖。京都生(一説に名古屋生)。名は痴、字は虎頭、別号に大孝斎・痴翁・過不及子等。画を石田幽汀土佐光貞に学ぶが、自ら大和絵の古典を研究してその復興を志した。浮田一惠・渡辺清らの門下を育てる。文政6年(1823)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たなか‐とつげん【田中訥言】

[1767~1823]江戸後期の画家。尾張の人。京都に出て土佐派を学んだが、のち大和絵の古典を研究し、復古大和絵派の祖となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田中訥言【たなかとつげん】

江戸後期の画家。名は痴,字は虎頭。名古屋に生まれ,京都で土佐光貞らに学ぶ。古典大和絵の伝統に復帰することを唱えて,復古大和絵派の先駆者となり,琳派(りんぱ)の手法による花鳥画にも秀作を残した。
→関連項目岡田為恭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中訥言 たなか-とつげん

1767-1823 江戸時代後期の画家。
明和4年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の人。京都で土佐光貞(みつさだ)にまなぶ。法橋(ほっきょう)。古画の模写をとおして古土佐派の技術を研究,復古大和絵派の祖といわれる。門人に浮田一蕙(いっけい),渡辺周渓。文政6年3月21日死去。57歳。名は敏。字(あざな)は虎頭。別号に得中,過不及子。作品に「百花百草図屏風(びようぶ)」など。
【格言など】一滴ずつの水をあつめて,山の上から落とせば名瀑布となるものを……(信条)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たなかとつげん【田中訥言】

1767‐1823(明和4‐文政6)
江戸後期の画家。復古大和絵派の祖と呼ばれる。初め応挙の師として知られる石田幽汀(1721‐86)に学び,後に土佐光貞(1738‐1806)に師事して法橋(ほつきよう)に叙せられた。また1790年(寛政2)新内裏造営,障壁画制作に携っている。佐竹本《三十六歌仙絵巻》などの模写を通じて大和絵の古典を研究し,四条派全盛の上方画壇にあって新鮮な作風を生んだ。師の没後は嗣子光孚(みつざね)の後見役を果たし,名古屋を中心に活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たなかとつげん【田中訥言】

1767~1823) 江戸後期の画家。名は敏。別号に痴翁・得中・過不及子。名古屋の人。最初土佐光貞に師事したが、のちに平安・鎌倉の大和絵を研究し、復古大和絵派の祖となった。代表作「四季草花図屛風」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中訥言
たなかとつげん

[生]? 名古屋
[没]文政6(1823).3.21. 京都
復古やまと絵派の先駆者。名は癡,敏。字は虎頭。号は訥言ほか。京都で土佐派を学んだが当時の同派の形式的な画風に満足せず,平安,鎌倉時代やまと絵の復古を試みた。有職故実をきわめ古典的なやまと絵の手法を修得して寛政2 (1790) 年に宮廷の障壁画を描き,『伴大納言絵巻』『年中行事絵巻』や平等院壁画などの模写を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中訥言
たなかとつげん
(?―1823)

江戸後期の画家。名古屋に生まれる。名は敏、痴翁・得中・過不及子・求明などと号した。若くして京都に出て土佐派を学んだが、一方、古画の模写に努めて、ついに大和絵(やまとえ)への直接的な復帰を提唱するに至る。したがって復古大和絵派の先駆者となったが、自らは政治的な活動には関与せず、画業に専念した。平等院鳳凰(ほうおう)堂の壁扉絵をはじめ精緻(せいち)な模写が多く残されている。また王朝的な主題を扱った大和絵風の作品や、琳派(りんぱ)の手法を取り入れた『雨中蓮鷺図(うちゅうれんろず)』などの佳品もある。晩年に失明し、失意のうちに自殺したと伝えられる。門人には浮田一(うきたいっけい)、渡辺清がいる。[加藤悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田中訥言の言及

【復古大和絵派】より

…江戸後期から幕末に活躍した田中訥言(とつげん)とその門人浮田一蕙,渡辺清(1778‐1861),訥言に私淑した岡田為恭(ためちか)らの画家を指していう。大和絵の原典に接してその模写を精力的に行い,土佐派住吉派ら既存の大和絵流派にとらわれず,源流をさかのぼって古典に規範を求め,活力ある大和絵の創造を試みたことに特色がある。…

※「田中訥言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中訥言の関連キーワード宋紫岡小倉東渓小田昂斎狩野泰信木村玉英小浦松園鈴木筌斎泉鉄館霞舫村梅岳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone