土倉正彦(読み)とくら まさひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土倉正彦 とくら-まさひこ

1849-1874 幕末-明治時代の武士。
嘉永(かえい)2年生まれ。備前岡山藩の家老。戊辰(ぼしん)戦争では仁和寺宮嘉彰(よしあき)親王軍の軍監として会津(あいづ)攻撃に参加。明治2年岡山藩大参事となる。翌年華頂宮博経(ひろつね)親王に随行してアメリカに留学。明治7年4月10日死去。26歳。名は一享。号は北溟。通称ははじめ修理助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android