軍監(読み)ぐんげん

精選版 日本国語大辞典「軍監」の解説

ぐん‐げん【軍監】

〘名〙 (「ぐんけん」とも)
① 令制で、出征時における部隊指揮官。第三等官。将軍、副将軍に次ぎ、軍曹、録事の上の地位。
※令義解(718)軍防「凡将帥出征。兵満一万人以上。〈略〉軍監二人」
② 奈良・平安時代、陸奥国の鎮守府の職員。
※続日本紀‐天平宝字四年(760)正月丙寅「鎮守軍監正六位葛井連立足〈略〉授外従五位下

ぐん‐かん【軍監】

〘名〙
① 軍事の監督をする職。また、その人。
※御伽草子・俵藤太物語(室町時代物語大成所収)(室町中)「征夷使軍監の家に生るる心は、武略を先とす事なれば」 〔漢書‐王莽伝・中〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の軍監の言及

【監軍】より

…参謀本部独立8日後の1878年12月13日に監軍本部条例により創設。監軍は,1868年東征時に兵隊の監視を任務とした軍監の機能,71年創設の陸軍三兵本部のもつ軍隊の教育・軍紀・風紀などの監視指導の任務を受け継いだほか,平時における検閲・軍令事項の執行,戦時における師団司令長官要員としての任務を有した。監軍本部の創設は統帥権独立制度の一環として行われた。…

※「軍監」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android