コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土器座 かわらけざ

1件 の用語解説(土器座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かわらけざ【土器座】

室町時代の大和で土器を作り販売していた商人の座。土器は京都深草をはじめ各地で生産されていたが,生産者の組織のあり方等が記録上うかがえるのはこの座についてである。メンバーの総数は文明年間(1469‐87)には12~13人で,その製品によって赤土器座白土器座があった。赤土器は食器に,白土器は食器または灯明皿等に用いられた。座の統轄者は兄部(このこうべ)または作手,一般座衆はこれに対し座子と呼ばれた。両者ともに一乗院,大乗院という興福寺別当の地位を独占的に有する両門跡に従属し,人夫役等の諸役を免除され,赤土器座の兄部は荘園の所領を給されるなど特典を与えられる一方,その課する役をつとめていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土器座の関連キーワード油座塩商甕棺彩陶三足土器尖底土器製塩土器おとり販売意雲包真(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone