土居 通芳(読み)ドイ ミチヨシ

20世紀日本人名事典の解説

土居 通芳
ドイ ミチヨシ

昭和期の映画監督



生年
大正15(1926)年12月9日

没年
昭和50(1975)年3月16日

出生地
東京

別名
ペンネーム=北 一郎(キタ イチロウ)

学歴〔年〕
上智大学経済学部〔昭和23年〕卒

経歴
昭和23年新東宝助監督部に入社。主に渡辺邦男阿部豊に助監督としてつく。33年「不如帰」で監督デビュー。以後「貞操の嵐」「湯島に散る花」(34年)「黒い乳房」(35年)などの文芸大作を撮り、同社の柱となった。その後娯楽路線「爆弾を抱く美女怪盗」(35年)「地平線がぎらぎらッ」(36年)を撮り、ファンから強い支持を受けた。新東宝解散後、主にテレビ映画を手がけ「赤いダイヤ」「球型の荒野」(38年)などの成功で、テレビ映画の第一線で活躍した。また放送作家としてドラマ脚本も手がけ、作品に「人間の条件」「ドブネズミ色の街」「五番目の刑事」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android