コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居佐之助 どい さのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土居佐之助 どい-さのすけ

1842*-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)12年12月生まれ。土佐高知藩士。田内菜園,徳永千規(ちのり)の門人土佐勤王党に参加。文久3年脱藩し,吉村寅太郎とともに長州におもむく。のち天誅(てんちゅう)組の大和挙兵にくわわるが捕らえられ,文久4年2月16日京都できられた。24歳。本姓は池田。名は金英。変名久万俊二郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土居佐之助の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)元治ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ウォートルス科学史佐久間象山ホーソンエンゲルスアーサー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android