コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼直 とき よりなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼直 とき-よりなお

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
土岐頼貞(よりさだ)の子。建武(けんむ)3=延元元年(1336)足利尊氏(たかうじ)が九州から京都に攻めいり東寺に陣をかまえた際,父とともに警護にあたり,後醍醐(ごだいご)天皇方の四条隆資(たかすけ)の攻撃をしりぞけた。幼名は小太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土岐頼直の関連キーワード南北朝時代土岐頼貞

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android