土幕民(読み)どまくみん

世界大百科事典 第2版の解説

どまくみん【土幕民】

おもに,日本統治下の朝鮮における都市細民をいう。土幕は朝鮮語でウムマクǔmmakともいい,土小屋または掘立小屋のこと。町はずれの河川敷,山の傾斜地などに小屋を建てて住みついた人びとで,数百戸の部落を形成した地域もあった。土幕民は李朝時代にも存在したが,植民地期に顕著な現象となり,ソウル(当時京城)では1931年5000人であったのが39年2万人に急増した。土地を失った離農民が都市に流入して土幕に住むケースがほとんどで,職業としては運搬人夫(チゲかつぎ),土木人夫などの低賃金の肉体労働大部分だった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android