土御門晴雄(読み)つちみかど はるお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土御門晴雄 つちみかど-はるお

1827-1869 江戸後期-明治時代の陰陽師(おんようじ)。
文政10年6月5日生まれ。天保(てんぽう)13年父土御門晴親の跡をついで陰陽頭(かみ)となる。慶応4年新政府に請願して幕府天文方にあった権限を京都にうつし,暦の作成・配布をおこなった。明治2年10月6日死去。43歳。京都出身。名は「はれお」「はれたけ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android