コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土御門院小宰相 つちみかどいんの こざいしょう

2件 の用語解説(土御門院小宰相の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土御門院小宰相 つちみかどいんの-こざいしょう

?-1265ごろ 鎌倉時代の女官,歌人。
藤原家隆の娘。土御門上皇の女房。上皇の土佐遷幸後はその母承明門院につかえ,承明門院小宰相ともよばれた。「遠島御歌合」「百首歌合」「十五夜歌合」などの作者のひとり。歌は「新勅撰(ちょくせん)和歌集」などの勅撰集に39首ある。文永2年ごろ死去。享年65歳前後。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土御門院小宰相

没年:文永2以降(1265)
生年:生年不詳
鎌倉時代の歌人。従二位藤原家隆の娘。はじめは土御門天皇に,承久の乱(1221)を経て,その母承明門院在子(後鳥羽院中宮)に仕え承明門院小宰相とも呼ばれた。さらに在子出家ののちは,後嵯峨上皇に出仕した。嘉禎2(1236)年『遠島御歌合』,宝治1(1247)年『百三十番歌合』,同2年『宝治百首』,建長3(1251)年『影供歌合』,康元1(1256)年『百首歌合』,文永2(1265)年『十五夜歌合』などに出詠。御子左派と反御子左派の中間派に属していたと思われるが,真観選の『秋風集』に選歌されたり,反御子左派に父伝来の歌書類を見せていることなどから,反御子左派に近かったか。<参考文献>福田秀一『中世和歌史の研究』

(谷知子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土御門院小宰相の関連キーワード壬二集藤原顕家(1)藤原顕氏藤原家房藤原家良藤原成子(3)藤原隆祐藤原隆博藤原親季藤原雅子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone