コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土芥寇讎記 どかいこうしゅうき

2件 の用語解説(土芥寇讎記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土芥寇讎記
どかいこうしゅうき

江戸時代の大名列伝の一つ。写本 43冊。編者不明。東京大学史料編纂所所蔵。元禄3 (1690) 年現在の大名 243人の家伝,所領,行跡を記し,批評を加えている。『江戸史料叢書』の1冊として 1967年刊行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どかいこうしゅうき【土芥寇讎記】

江戸中期の大名の紳士録ともいうべき書。編者不明。全43巻。1690年(元禄3)現在の全国諸大名243名につき,家系,略歴,居城,領内の状況,大名の人柄・行跡などを列挙し,儒教の立場から論評しており,個別藩制史料の欠を補うに足りる。東京大学史料編纂所所蔵。類書に《勧懲記》(1675),《諫懲後正》(1701)がある。《近世史料叢書》所収。【金井 円

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の土芥寇讎記の言及

【地方知行】より

…江戸時代初期の大名家臣の多くは,知行を地方であてがわれるのが通例であったが,17世紀を通じて多くの諸藩は,地方知行を廃し蔵米知行へと知行制を変更していった。元禄初年の成立といわれる《土芥寇讎記(どかいこうしゆうき)》によれば,地方知行の藩39,蔵米知行の藩204であり,17世紀末には知行制の主流は蔵米知行となっていたことがうかがえる。地方知行の藩の大半は外様藩で,地域的には東北や辺境地域に多かった。…

※「土芥寇讎記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土芥寇讎記の関連キーワード田舎紳士紳士録フーズフー言うべきにもあらず降冪坂田重兵衛(初代)佐中千宗左(7代)辰巳屋惣兵衛(2代)《日本紳士録》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土芥寇讎記の関連情報