行跡(読み)こうせき

精選版 日本国語大辞典「行跡」の解説

こう‐せき カウ‥【行跡】

〘名〙
① おこなってきた事柄。ふるまい。行為。ぎょうせき。
※保元(1220頃か)中「有りつる御行ども、くはしく語り申しければ」 〔漢書‐鄒陽伝〕
② みもち。行状品行。ぎょうせき。
※神皇正統記(1339‐43)中「その中にも行跡うたがはしく、貞節おろそかなるたぐひは」
③ 通ったあと。あしあと。
※本朝文粋(1060頃)一・貧女吟〈紀長谷雄〉「紅葉門深行跡断、四壁虚中多苦辛」 〔韋応物‐寄全椒山中道士詩〕

ぎょう‐せき ギャウ‥【行跡】

〘名〙 行なってきた事柄。行状。→こうせき(行跡)
※談義本・世間万病回春(1771)四「むかしの貴人の衣食にふけりて人品行跡(ギャウセキ)も分量より上(かみ)を上をと学ぶ事は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「行跡」の解説

こう‐せき〔カウ‐〕【行跡/行×迹】

ぎょうせき(行跡)」に同じ。
「貴ぶは祖師の—なり」〈太平記・二四〉

ぎょう‐せき〔ギヤウ‐〕【行跡/行×迹】

人がおこなってきた事柄。こうせき。
行状。身持ち。こうせき。
[類語]行動おこな振る舞い行為きょ活動動き所行しょぎょう言動言行げんこう行状ぎょうじょう沙汰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「行跡」の解説

【行跡】こう(かう)せき

行為・生活の。〔水経注、泗水〕初四年、曹操徐州を攻めて之れを破り、~の男女十(ほふ)る。泗水之れが爲にれず。れより數縣、人、行跡無し。亦た暴と爲す。

字通「行」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android