コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土蜘蛛草子 つちぐもぞうし

1件 の用語解説(土蜘蛛草子の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つちぐもぞうし【土蜘蛛草子】

御伽草子。南北朝時代の作とされる絵巻1軸があり,詞は吉田兼好,絵は土佐長隆と伝える。詞9段,絵13段。源頼光が渡辺綱を従えて洛北蓮台野に赴き,空中を飛ぶ髑髏(どくろ)を見てそのゆくえを追い,神楽岡に至る。古家に案内を乞うと,290歳という老女が出てくる。化け物が来たら斬り破ろうと2人が待つところへ,多くの異類異形(いるいいぎよう)が歩み来て,一度にどうと笑って去ったあと,色白く,面は2尺,丈1尺の化人(けにん)の尼や美しい女が現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土蜘蛛草子の関連キーワード慧可御伽草子仮名草子福富草子仮名本『御伽草子』国重(1)国光(4)土佐長章土佐行光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone