コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺綱 わたなべのつな

7件 の用語解説(渡辺綱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡辺綱
わたなべのつな

[生]天暦7(953)
[没]万寿1(1024)
平安時代中期の武士。源頼光四天王の一人。嵯峨源氏の出で摂津国渡辺に住んだ。武勇伝説の主人公の一人で,謡曲『羅生門』では羅生門の鬼の片腕を切り落し,御伽草子酒呑童子』では頼光とともに大江山の鬼退治に加わっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わたなべ‐の‐つな【渡辺綱】

[953~1025]平安中期の武士。源頼光の四天王の一人。京の鬼同丸や大江山の酒呑童子(しゅてんどうじ)羅生門の鬼を退治した伝説がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺綱 わたなべの-つな

953-1025 平安時代中期の武人。
天暦(てんりゃく)7年生まれ。源宛(あつる)の子。源敦(あつし)の養子。源頼光(よりみつ)四天王のひとり。渡辺党の祖。頼光にしたがって酒呑童子(しゅてんどうじ)や鬼同丸(きどうまる)を退治した説話や,京都一条戻(もどり)橋で鬼の腕をきった説話で有名。養母の居所の摂津渡辺(大阪府)にちなみ渡辺を名のった。万寿2年2月15日死去。73歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺綱

没年:万寿2.2.15(1025.3.17)
生年:天暦7(953)
平安中期の武将。嵯峨源氏宛 の子で源満仲の女婿源敦 の養子となる。摂津国渡辺に住んだことで渡辺を名乗る。坂田公時らと共に源頼光(満仲の子)の四天王に挙げられ武勇談が多いが,伝説的な要素が強い。京の堀川に架かる一条戻橋で女に化けた鬼に出あい,髻を掴まれたため,その鬼の腕を名刀鬚切で切り落とし,事なきを得た。その後,陰陽師安倍晴明の勧めにより7日間閉門して慎んでいたところ,養母に化けた鬼がやってきて切られた腕を取り返した,という話は有名。武士の棟梁の祖としての頼光伝説が広まるにつれ郎等である綱の英雄談が成ったと考えられる。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わたなべのつな【渡辺綱】

953‐1025(天暦7‐万寿2)
平安中期の武士。嵯峨源氏の流れをくむ箕田源氏宛の子。源満仲の婿敦の養子となり,養母の居所摂津の国渡辺にちなみ渡辺姓を称す。渡辺党の祖。源頼光の有力な郎党で,坂田公時,平貞道,平季武とともに頼光四天王とよばれる。【大塚 章】
[説話と伝説]
 《古今著聞集》巻九に源頼光をねらう鬼同丸という究竟の大童(おおわらわ)を討つ話があり,屋代本《平家物語》剣巻には次のような話がある。綱が一条堀河の戻橋で美女にあい同道すると,五条の渡しで鬼に変じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わたなべのつな【渡辺綱】

953~1025) 平安中期の武士。源頼光の臣で、その四天王とされる。洛北市原野の鬼同丸、羅生門の鬼、大江山の酒吞童子を退治した武勇の伝説で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺綱
わたなべのつな
(953―1025)

平安中期の武将。嵯峨(さが)源氏に属す源宛(あつる)の子。源満仲(みつなか)の女婿(じょせい)敦の養子となる。養母が摂津国渡辺(大阪市)に居住したので渡辺家をとなえた。源頼光(よりみつ)の郎等として活躍する契機は、頼光も摂津国に本居を構えたことによるか。坂田金時(さかたのきんとき)、平貞道(さだみち)、平季武(すえたけ)らとともに四天王の1人に数えられ、主君頼光に従って酒呑童子(しゅてんどうじ)や鬼同丸(きどうまる)を退治した話や、一条戻橋(もどりばし)で鬼婆の腕を切った話をもって驍勇(ぎょうゆう)で通った。しかし、これらの話は説話的要素が強く真実性は薄い。渡辺党の祖となった。[朧谷 寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の渡辺綱の言及

【茨木】より

…作詞河竹黙阿弥,作曲3世杵屋(きねや)正次郎,振付初世花柳寿輔ほか。配役は茨木童子を5世尾上菊五郎,渡辺綱を初世市川左団次。1870年(明治3)杵屋勘五郎作曲の《綱館》に基づいて作られた松羽目物であるが,能・狂言の作品からの移入でない点が珍しい。…

【四天王物】より

…人形浄瑠璃,歌舞伎狂言,歌舞伎舞踊の一系統。史書というより小説に近い軍記《前太平記》41巻(1681ころ)に背景や登場人物(〈世界〉)を求める〈前太平記物〉は,源頼光とその四天王(渡辺綱,坂田金(公)時,碓氷貞光(うすいのさだみつ),卜部季武(うらべのすえたけ)の4人の家来)の武勇伝と,反逆者平将門の遺児相馬太郎良門,滝夜叉の復讐や藤原純友の残党伊賀寿太郎らの反逆を素材にしたものとに大別できる。このうち,四天王物は前者を題材とした作品群である。…

【つめ(爪)】より

…【松尾 聿朗】
[つめの文化史]
 古代英語詩《ベーオウルフ》には,怪物グレンデルの腕をベーオウルフが切り落として高い屋根に掲げておくくだりで,そのつめは鋼鉄のようだったと述べている。腕を切られて死んだグレンデルの復讐(ふくしゆう)のために母親が城館を襲う筋書は,《太平記》や能《羅生門》の渡辺綱(わたなべのつな)による鬼退治の話に通ずるものがあるが,渡辺綱は名刀鬼切を用いて〈毛ノ黒ク生(おい)タル手ノ,指三(みつ)有テ爪ノ鉤(かがまり)タルヲ,二ノ腕ヨリカケズ切テゾ落シケル〉という(《太平記》巻三十二)。鬼,怪物,悪魔がかぎづめをもつと考えるのは,食肉獣の印象と霊長類の体形とを重ね合わせた結果である。…

【渡辺党】より

…摂津渡辺を本拠とする中世武士団。源頼光四天王の一人として有名な嵯峨源氏渡辺綱(わたなべのつな)を始祖とする。綱は武蔵国箕田の生れであるが,仁明源氏源敦(源満仲の婿)の養子となり,その縁で満仲の息頼光に仕えたという。…

※「渡辺綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

渡辺綱の関連キーワード扶桑集源満仲源頼信一世の源氏碓井貞光渡辺党伊賀家長源満政源頼親文寿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺綱の関連情報