コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼光 ライコウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼光 らいこう

?-? 奈良時代の僧。
大和(奈良県)元興(がんごう)寺で智光(709-780?)とともに智蔵に三論をまなぶ。のち浄土教に帰依(きえ)し往生。その後智光の夢にあらわれ浄土の荘厳(しょうごん)をみせた。めざめた智光が画工にえがかせたものが「智光曼荼羅(まんだら)」であるという。法名は礼光ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

頼光 (ライコウ)

学名:Agave potatorum
植物。リュウゼツラン科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

頼光の関連キーワード土蜘/土蜘蛛(演劇)酒呑童子・酒吞童子山木千賀(1世)羅生門(説話)金平本・公平本土蜘∥土蜘蛛土蜘蛛・土蜘さてもその後然知ったり井上播磨掾虎屋源太夫蜘蛛拍子舞関八州繫馬延び延び山木千賀碓氷貞光岡清兵衛坂田公時茨城童子卜部季武

頼光の関連情報