コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髑髏 サレコウベ

デジタル大辞泉の解説

され‐こうべ〔‐かうべ〕【髑髏】

《「され」は動詞「さ(曝)れる」の連用形から》風雨にさらされて肉が落ちた頭骨。どくろ。野ざらししゃれこうべ

しゃり‐こうべ〔‐かうべ〕【髑髏】

されこうべ」に同じ。〈日葡

しゃれ‐こうべ〔‐かうべ〕【髑髏】

されこうべ」に同じ。

どく‐ろ【××髏】

風雨にさらされて肉が落ち、むきだしになった頭蓋骨。されこうべ。しゃれこうべ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どくろ【髑髏】

野辺にさらされた人の頭蓋骨のことで,〈されこうべ〉〈しゃれこうべ〉(曝頭,曝首の字をあてる),〈野晒(のざらし)〉などともいう。先史時代の遺跡から発見される人類の骨のうち,頭蓋骨とその一部の数は他の骨の数よりも多いことから,頭部ないしどくろが早くから人類の文化に特殊な役割をもっていたことが推論されている。食人の習慣があってどくろを特定の場所に捨てたから今も多く見つかるのだとする説や,特に脳髄を食べた後にどくろを呪術の対象として保存する風習があったためとする説などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

されこうべ【髑髏】

〔「曝れ頭こうべ」の意〕
風雨にさらされ、白骨になった頭蓋骨。しゃれこうべ。しゃりこうべ。どくろ。野晒のざらし。

しゃりこうべ【髑髏】

されこうべ(髑髏) 」に同じ。 〔日葡〕

しゃれこうべ【髑髏】

されこうべ(髑髏) 」に同じ。

どくろ【髑髏】

風雨にさらされて肉が落ちた頭蓋骨。されこうべ。しゃれこうべ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

髑髏の関連キーワードジョリーロジャー黒川 弥太郎十字架の道行うたい骸骨土蜘蛛草子角田喜久雄保科嘉一郎昼三・中三田中 栄三妹尾 松子風来六部集眞藤ヒロシ黄金バット田中栄三岡田嘉子伊舎那天深沙大将口不調法のったり唄い骸骨

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

髑髏の関連情報