コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧砕状 あっさいじょうcataclastic

岩石学辞典の解説

圧砕状

岩石が応力を受けた場合に,比較的低温では脆性破壊となることが多く,鉱物破砕され細粒となる.このような破砕作用が主であるものを圧砕状と呼ぶ.この構造または組織は,動力変成作用の過程で,激しい機械的応力の作用によって形成されたもので,岩石は顕著に変形するか粒状化した鉱物を含むことが特徴である[Kjerulf : 1885, Leith & Mead : 1915].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

圧砕状の関連キーワードアヴェザック岩圧力構造

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android