コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧砕状 あっさいじょう cataclastic

1件 の用語解説(圧砕状の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

圧砕状

岩石が応力を受けた場合に,比較的低温では脆性破壊となることが多く,鉱物は破砕され細粒となる.このような破砕作用が主であるものを圧砕状と呼ぶ.この構造または組織は,動力変成作用の過程で,激しい機械的応力の作用によって形成されたもので,岩石は顕著に変形するか粒状化した鉱物を含むことが特徴である[Kjerulf : 1885, Leith & Mead : 1915].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

圧砕状の関連キーワード応力緩和減圧蒸留低温殺菌低温火傷永久歪み低温灰化装置石灰質非会合的岩石不協和花崗岩アポ安山岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone