圧縮永久ひずみ(読み)アッシュクエイキュウヒズミ

  • compression set

化学辞典 第2版の解説

物体にその弾性限界を超える応力を加えたとき,応力を除いたのちも永久に残るひずみを一般に永久ひずみといい,圧縮応力により生じる永久ひずみを圧縮永久ひずみという.粘弾性固体では,粘弾性的挙動として永久ひずみが生じる.材料工学的な意味としては,たとえばゴム工業において,パッキング寿命を支配する大切な物性とされている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android