圧覚センサ(読み)あっかくセンサ(英語表記)pressure sensor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧覚センサ
あっかくセンサ
pressure sensor

ロボットのハンド部分が物体に与えている圧力または特定の部分の力を検出するセンサ。物体を把握するときの把握力制御のために用いられる。圧覚のうち,指面での圧力分布を検出するのが分布圧覚センサで,把握物体の形状・特性,把握状況を検出することができる。この分布圧覚の検出点が縦横規則正しく並んでいるものをマトリックス圧覚,マトリックス触覚と呼ぶ。マトリックス圧覚としては,感圧導電性ゴムや感圧高分子フィルムと電極をサンドイッチ構造にしたもの,感圧半導体を並べたもの,ゴムと光センサを組み合わせたものなどが用いられている。圧覚センサは,柔軟で感度が高くかつ耐久性のある素材と構造が必要であり,触覚情報処理システムの研究とともに実用化に向かっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android