在京(読み)ざいきょう

精選版 日本国語大辞典「在京」の解説

ざい‐きょう ‥キャウ【在京】

〘名〙
① 都に滞、居住していること。
※東寺百合文書‐ほ・保安三年(1122)三月一一日・伊勢大国荘専当藤原時光菅原武道等解案「御庄司在京之間、訴大神宮司
※太平記(14C後)二七「師直以下の在京の大名、悉勢多まで参向す」 〔宋史‐河渠志〕
② 明治以後、特に、東京に滞在、居住していること。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉一「在京の叔父のもとより余に東京に来れといふ手紙来りし時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「在京」の解説

ざい‐きょう〔‐キヤウ〕【在京】

[名](スル)都に滞在・居住していること。古くは京都、現在では東京に滞在・居住していること。「一か月前から在京している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android