在職老齢年金(読み)ざいしょくろうれいねんきん

知恵蔵の解説

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止。年金と月収の月額合計が28万円を超えた分の半分を年金からカットし、合計が48万円を超えた部分はその全額を年金からカットする。また、65歳以上は基礎年金は全額支給するが、年金と月収の月額合計が48万円を超えた場合はその半分を年金からカットする。厚生年金は支給開始を繰り下げられるようにした。さらに、70歳以上の被用者にも60歳代後半と同じように収入に応じて年金額を減らすようになるが、保険料の負担はなくなる。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

ざいしょくろうれいねんきん【在職老齢年金】

退職を原則的な支給要件とする被用者年金制度において、低所得の在職者に特例的に支給される老齢年金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の在職老齢年金の言及

【厚生年金保険】より

…被用者が老齢,障害,死亡により所得を喪失した場合,本人および家族の生活を保障するために主として年金給付を行う社会保険である。 1942年実施の労働者年金保険に始まり,44年に一般事務職,女子も対象に加えて,厚生年金保険の名称に改められた。戦時体制下に制定されたこの年金制度には,生産力の拡充のための労働力の増強確保と強制貯蓄的な機能が期待されていた。第2次大戦後は激しいインフレのために一時は存在の意義も疑われたが,54年の抜本的な改正によって一応の体制を整え,新しい厚生年金保険として再出発することとなった。…

【老齢年金】より

…年金制度において,一定年齢以上の高齢者に対して支給される年金給付。年齢のほかに退職を要件とする場合には,退職年金ということもある。企業年金や個人年金などの私的年金も普及しているが,ここでは日本の公的年金について説明する。老齢年金には,国民年金を通して支給される全国民共通の老齢基礎年金と厚生年金保険(または共済年金)による老齢厚生年金(退職共済年金)がある。
[老齢基礎年金]
 老齢基礎年金は,原則として25年の資格期間を満たした者に65歳から支給される。…

※「在職老齢年金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

在職老齢年金の関連情報