コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地上天気図 ちじょうてんきず

1件 の用語解説(地上天気図の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

地上天気図

各観測地点のデータのうち、気圧を海抜0mの高さの値に換算し、それによって等圧線を描いたもの。新聞やテレビなどで普段、私達が見るものがこれである。地上天気図には次の特徴があり覚えておくと便利である。 1 等圧線は交わることはない。 2 等圧線の間隔が狭いほど、風は強く吹く。 3 風向きは等圧線に対して約30度程度傾く。 4 低気圧には反時計回りに風が吹き込み、   高気圧からは時計回りに吹き出す。   (北半球の場合) 5 低気圧・前線の近くでは天気が悪く、   高気圧付近では天気が良くなる。

出典|
パラグライダー用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の地上天気図の言及

【天気図】より

…広い範囲の気象状況を観察するため,各地で観測された風向,風速,天気,気圧などを白地図の上に記号で記入し,気圧の等しい線を結んだ等圧線,気温や風向などが急変しているところを結んだ前線などを引いた図。地上の天気図のことを地上天気図,上空の一定の高度または一定の気圧の面の天気図を高層天気図といい,ふつう天気図というと地上天気図をさす。1820年ドイツのH.W.ブランデスがつくったのがはじめてである。…

※「地上天気図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone