地付漁場(読み)じつきぎょじょう

世界大百科事典 第2版の解説

じつきぎょじょう【地付漁場】

江戸時代の漁業制度の一般原則とされる1741年(寛保1)の〈山野海川入会〉のなかに,〈磯猟は地附根附次第也,入会〉という条項があり,沿岸村地先の地付漁場の占有利用権は,その地元漁村のものであることを示したものである。しかしこれは一般原則で,地付漁場でありながら地元村のものでないものも存在したし,以前は他村のものであったのを長い闘争を経てようやく自村のものになしえた場合も少なくなかった。寛保期以降に,地付漁場が地元村のものとなったケースもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android