コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地付漁場 じつきぎょじょう

1件 の用語解説(地付漁場の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じつきぎょじょう【地付漁場】

江戸時代の漁業制度の一般原則とされる1741年(寛保1)の〈山野海川入会〉のなかに,〈磯猟は地附根附次第也,沖は入会〉という条項があり,沿岸村地先の地付漁場の占有利用権は,その地元漁村のものであることを示したものである。しかしこれは一般原則で,地付漁場でありながら地元村のものでないものも存在したし,以前は他村のものであったのを長い闘争を経てようやく自村のものになしえた場合も少なくなかった。寛保期以降に,地付漁場が地元村のものとなったケースもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地付漁場の関連キーワード直接選挙漁業組合雑漁業免許漁業漁業権漁業米軍関係の漁業補償の仕組み後期高齢者医療制度の保険料栖原角兵衛(2代)新沼武左衛門藤井新次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone