コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁業制度 ぎょぎょうせいど

2件 の用語解説(漁業制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁業制度
ぎょぎょうせいど

漁場利用についての調整を規定する法律制度。現行制度は 1949年公布の漁業法によって,沿岸の漁業権については都道府県知事の免許制が,沖合・遠洋漁業については,地先沖合の多種多様入会漁場を管理する知事許可制を別にすれば,大部分の資本制的な漁業種類のものは農林水産大臣による許可制がとられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょぎょうせいど【漁業制度】

日本の漁業には原始的な採藻採貝業から巨大な母船式漁業に至るまで,経営の規模・形態,漁船規模・船型・装備・漁具・漁法などの異なる多種多様な漁業がある。これらの漁業は内水面,沿岸から海外漁場までを操業範囲としているが,自由勝手に操業しているのではない。漁業法を基本にした規則・規約等によって,一定の秩序と規制のもとに操業している。漁業法を基礎としたこの秩序と規制の体系を漁業制度という。 日本の漁業制度は明治時代に組合準則(1886),旧漁業法(1901)を経て成立した,いわゆる明治漁業法(1910)によって確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漁業制度の関連情報