コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁業制度 ぎょぎょうせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁業制度
ぎょぎょうせいど

漁場利用についての調整を規定する法律制度。現行制度は 1949年公布の漁業法によって,沿岸漁業権については都道府県知事の免許制が,沖合・遠洋漁業については,地先沖合の多種多様な入会漁場を管理する知事許可制を別にすれば,大部分の資本制的な漁業種類のものは農林水産大臣による許可制がとられている。漁業権制度は地先漁場の生産力増加はもちろんであるが,もっぱら漁村ないし漁場の秩序維持と漁民の生計補充を眼目とするのに対し,許可制度は水産資源の保護または漁業取締り,つまり各種漁業間の矛盾・衝突の緩和=漁業調整にあるとされる。しかし,後者は,遠洋漁業の成長に伴って次第に大規模漁業経営体への漁場・資源の政府による優先的ないし特権的配分=許認可への傾向を強めるようになっている。もっとも沿岸と沖合・遠洋との関係においては,漁業権制度と呼応して許可制の導入は沿岸への自由な参入を阻止する意味で,沿岸漁民との社会的緊張を緩和する一定の役割を果した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょぎょうせいど【漁業制度】

日本の漁業には原始的な採藻採貝業から巨大な母船式漁業に至るまで,経営の規模・形態,漁船規模・船型・装備・漁具・漁法などの異なる多種多様な漁業がある。これらの漁業は内水面,沿岸から海外漁場までを操業範囲としているが,自由勝手に操業しているのではない。漁業法を基本にした規則・規約等によって,一定の秩序と規制のもとに操業している。漁業法を基礎としたこの秩序と規制の体系を漁業制度という。 日本の漁業制度は明治時代に組合準則(1886),旧漁業法(1901)を経て成立した,いわゆる明治漁業法(1910)によって確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漁業制度の関連キーワード水産資源保護法漁業調整委員会海面官有宣言漁業管理許可漁業地付漁場網元

漁業制度の関連情報