コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域振興券 ちいきしんこうけん

2件 の用語解説(地域振興券の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地域振興券
ちいきしんこうけん

消費を喚起し,地域経済の活性化を目指すため,15歳以下の児童と 65歳以上の高齢者の一部に支給された一種の商品券。若い親の層の子育てを支援し,老齢福祉年金受給者や低所得高齢者の経済的負担を軽減することで,個人消費を喚起し,地域経済の活性化をはかる目的で 1998年11月政府が決定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地域振興券

小渕内閣時代の99年春、緊急経済対策一つとして発行。1枚千円の金券で、15歳以下の子供がいる世帯は子供1人につき2万円、住民税が非課税の65歳以上の高齢者は1人につき2万円が支給された。総務省によると、全国で約3107万人が受け取り、交付総額の99・6%にあたる約6190億円が利用された。経済企画庁(当時)が同年8月発表した地域振興券経済効果調査によると、押し上げた個人消費は2025億円程度で、国内総生産(GDP)の個人消費の0・1%程度にとどまる。

(2008-10-31 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地域振興券の関連キーワード緊急経済対策官民ファンド小渕事業規模戦略経済対話高速道路値下げ田舎で働き隊!堺屋太一甘利明高村正彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地域振興券の関連情報