コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域振興券 ちいきしんこうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地域振興券
ちいきしんこうけん

消費を喚起し,地域経済活性化を目指すため,15歳以下の児童と 65歳以上の高齢者の一部に支給された一種の商品券。若い親の層の子育てを支援し,老齢福祉年金受給者や低所得高齢者の経済的負担を軽減することで,個人消費を喚起し,地域経済の活性化をはかる目的で 1998年11月政府が決定した。交付対象は 15歳以下の児童をもつ世帯主と,65歳以上で住民税非課税の高齢者,重度障害者などで,支給額は 1人 2万円。交付事業は各市町村が行い,経費は全額国の補助とした。この地域振興券が使用できる地域は発行市町村の区域内に限定され,使用期間は交付開始から 6ヵ月と限定された。消費不況の続くなかでの景気対策の一環として行なわれたもので,1999年1月29日に島根県浜田市皮切りに順次交付された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地域振興券

小渕内閣時代の99年春、緊急経済対策の一つとして発行。1枚千円の金券で、15歳以下の子供がいる世帯は子供1人につき2万円、住民税が非課税の65歳以上の高齢者は1人につき2万円が支給された。総務省によると、全国で約3107万人が受け取り、交付総額の99・6%にあたる約6190億円が利用された。経済企画庁(当時)が同年8月発表した地域振興券の経済効果調査によると、押し上げた個人消費は2025億円程度で、国内総生産(GDP)の個人消費の0・1%程度にとどまる。

(2008-10-31 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

地域振興券の関連キーワード定額給付金公明党

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地域振興券の関連情報