地搗唄(読み)じつきうた

  • じつきうた ヂつき‥

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本民謡分類上、仕事唄のなかの一種目で、家屋普請などのおりの地固めに歌われる唄の総称。地固めは土台のあたる部分の地面を搗き固めることであるが、その方法には、(1)櫓(やぐら)を組んで中央に30貫(約112.5キログラム)余りのタコとよばれるおもりをつるし、これに結び付けた綱を16~30人ほどが力をそろえて手繰っては緩め、緩めては手繰ることで行う「櫓胴搗き」と、(2)円盤状の石に綱を放射状に結び付け、これを大ぜいが手繰っては緩め、緩めては手繰ることで地面を固める「亀(かめ)の子搗き」の2種がある。このほか土木普請として、竹刀(しない)で打ち固める「竹刀打ち」、兎(うさぎ)の餅(もち)搗き風の手杵(てぎね)での「千本搗き」、掛矢(かけや)で打ち固める「掛矢打ち」などもある。これらに用いられる唄は、音頭とりが木遣唄(きやりうた)で音頭をとると、囃子詞(はやしことば)のところで他の一同が力を入れることで作業の統合を図る。

[竹内 勉]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 建築に先だつ地固めのときにうたう作業唄。歌詞は不定。音頭と合唱が交互にうたう。一〇月の亥の子に石搗きをする地方では、そのときの唄もいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android