コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方交通線 ちほうこうつうせん

1件 の用語解説(地方交通線の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちほうこうつうせん【地方交通線】

日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(1980公布)によれば,国鉄がみずからの経営努力(近代化・合理化など)を行っても自立経営が不可能であり,鉄道特性を発揮しがたいとしている線区のことで,旅客輸送密度(営業キロ1km当りの1日平均旅客輸送人員)が8000人未満の線区がこれにあたるとされ,全国で175線区,約1万kmあった。地方交通線は国鉄が選定し,運輸大臣の承認を受けることになっていた。また,地方交通線のうち旅客輸送密度4000人未満でバス輸送への転換が困難である線区以外の線区を特定地方交通線と呼び,法律の規定に従って協議会を開催してバス輸送または第三セクター等による鉄道輸送へ転換することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地方交通線の関連キーワード国鉄地方財政再建促進特別措置法鉄道公安職員日本国有鉄道財政再建団体国有鉄道過疎対策法シベリア特別措置法鉄道管理局北特法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地方交通線の関連情報