コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方交通線 ちほうこうつうせん

世界大百科事典 第2版の解説

ちほうこうつうせん【地方交通線】

日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(1980公布)によれば,国鉄がみずからの経営努力(近代化・合理化など)を行っても自立経営が不可能であり,鉄道特性を発揮しがたいとしている線区のことで,旅客輸送密度(営業キロ1km当りの1日平均旅客輸送人員)が8000人未満の線区がこれにあたるとされ,全国で175線区,約1万kmあった。地方交通線は国鉄が選定し,運輸大臣の承認を受けることになっていた。また,地方交通線のうち旅客輸送密度4000人未満でバス輸送への転換が困難である線区以外の線区を特定地方交通線と呼び,法律の規定に従って協議会を開催してバス輸送または第三セクター等による鉄道輸送へ転換することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地方交通線の関連キーワード旧国鉄線の第三セクター鉄道天竜浜名湖鉄道(株)ディーゼル動車三陸鉄道(株)地方交通問題越美南線名寄本線鉄道運賃松浦線池北線宮津線士幌線天北線私鉄

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地方交通線の関連情報